Nature ハイライト

構造生物学: リガンド結合によって構造が複雑化するセロトニン受容体

Nature 563, 7730

5-HT3セロトニン受容体はリガンド依存性の五量体陽イオンチャネルで、興奮性神経伝達に関わっており、中枢神経系の中でも痛みや吐き気などを担う領域で発現されている。5-HT3受容体の構造についてはある程度の情報は得られているが、チャネルのゲート開閉の基盤やセロトニン結合の際のコンホメーション変化は十分に解明されていない。今回、2つの研究グループが、異なるコンホメーションにある5-HT3A受容体の複数の構造をクライオ(極低温)電子顕微鏡法を用いて決定している。S Chakrapaniたちは、セロトニンが結合した2種類の状態を調べ、チャネル開口の基本機構に加えて、受容体側面にイオン透過孔が開くことを明らかにした。H Nuryたちは、5-HT3Aの4種類の構造(制吐剤との複合体、セロトニンとの複合体でカルシウムがある場合とない場合、セロトニンおよび正のアロステリック調節因子との複合体)を解き、小孔の水和状態の動態や、ゲート位置での動き、陽イオンの接近可能性を明らかにしている。

Letter p.270
doi: 10.1038/s41586-018-0660-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.275
doi: 10.1038/s41586-018-0672-3 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年11月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度