Nature ハイライト

植物科学: わずかな違いがシグナル伝達の大きな違いにつながる

Nature 561, 7722

植物では、受容体様キナーゼは共受容体タンパク質と複合体を形成して細胞外リガンドに応答し、免疫から発生に至るまで、さまざまな過程に影響を与えている。SERKファミリーのBAK1のように、特定の共受容体と特定の受容体様キナーゼの特異的な複合体形成が、生理学的な結果を決定する。C Zipfelたちは今回、BAK1が、そのパートナーとなる異なる受容体様キナーゼの活性化をどのように制御しているのかを明らかにすべく取り組んだ。彼らは、シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)において免疫応答を引き起こすには、BAK1のC末端にある保存された5つのアミノ酸残基がリン酸化される必要があることを示し、リン酸化コードの役割を見いだした。しかし、これらの残基は植物の生長に関わるBAK1を介したブラシノステロイドのシグナル伝達の活性化には関与していなかった。さらに彼らは、BAK1だけでなく、おそらく全てのSERKタンパク質と、ロイシンリッチリピート(LRR)ファミリーの全ての受容体様キナーゼのおよそ80%で機能に必要な、保存されたリン酸化されたチロシン残基を報告している。

Letter p.248
doi: 10.1038/s41586-018-0471-x | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年9月13日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度