Nature ハイライト

生化学: 塩基変化の基盤

Nature 554, 7691

ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックはDNAのB型構造を提案したことで最も有名であるが、1953年の論文で、一過性に生じた互変異性の塩基対形成が、自然に起こる塩基変化につながる可能性があるとも提案した。2015年に、H Al-Hashimiたちは、これらのエネルギー的に不利な互変異性体が存在する明確な証拠を示した。今回Al-Hashimiたちは、これらの互変異性体がDNAポリメラーゼ活性に及ぼす特異的な影響を明らかにしている。最小限の速度論的モデルに互変異性化とイオン化のデータを組み込むと、ポリメラーゼによる誤取り込みの結果が高い精度で予測された。これらの結果は細胞における変異誘発過程の理解を深めるだろう。

Article p.195
doi: 10.1038/nature25487 | 日本語要約 | Full Text | PDF
News & Views p.180
doi: 10.1038/d41586-018-00418-6 | 日本語要約 | Full Text

2018年2月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度