Nature ハイライト

表面科学: 触媒の活性部位を特定するブックマーク

Nature 549, 7670

不均一系触媒は、化学産業やエネルギー産業において極めて重要である。その活性は、反応物分子の生成物分子への変換を制御する特定の部位によって決まる。しかし、反応中にこうした部位を直接特定しモニターすることは、困難である。今回J Pfistererたちは、普及している走査型トンネル顕微鏡を使った、測定中の雑音レベルの変化のモニタリングによって、これが容易に実現されることを示している。著者たちは、収集したデータを用いて、さまざまな欠陥部位や触媒を構成するさまざまな材料間の境界部位などの活性部位をほぼ定量的に識別できた。この情報は、触媒活性全体に対するさまざまな部位の重要性と相対的寄与の直接評価を可能にし、幅広い実用に向けた不均一系触媒の合理的設計や最適化に直接生かすことができる

News & Views p.34
doi: 10.1038/549034a | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.74
doi: 10.1038/nature23661 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年9月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度