Nature ハイライト

材料科学: タコから着想を得た粘着パッチブックマーク

Nature 546, 7658

接着材料は、大きく分けて2つに分類され、界面での化学結合や引力を通して機能するものと、機械的な結合を通して表面同士の接着性を確保するものがある。いずれの種類についても、乾燥状態や液体に浸した状態で接着して、しかも汚染されにくい接着材料を見つけることが、目下の課題である。今回C Pangたちは、タコの吸盤の形状から着想を得て、機械的変形を通して接着するテクスチャー加工したポリマーパッチを開発・作製した。このパッチは、さまざまな媒質中で優れた接着特性を示すとともに、化学的汚染が起こりにくかった。

News & Views p.358
doi: 10.1038/546358a | 日本語要約 | Full Text
Letter p.396
doi: 10.1038/nature22382 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年6月15日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度