目次

Editorial

匿名化データが増大しているが、こうしたデータからの個人の特定は容易になってきており、研究への参加同意を含め、研究倫理に関する指針を時代に合わせて見直す必要がある。

Time to discuss consent in digital-data studies p.5

doi: 10.1038/d41586-019-02322-z

News

英国ジョンソン新首相の合意なきEU離脱も辞さない姿勢に、科学界が懸念を。

What Boris Johnson’s leadership could mean for science p.13

The next UK prime minister is a controversial character — and his stance on Brexit concerns researchers.

doi: 10.1038/d41586-019-02279-z

検出が極めて困難なCRISPR作物をGM作物と同じ扱いとした、欧州司法裁判所の昨年の判断を受け、食品試験検査機関が難題に直面。

CRISPR conundrum: Strict European court ruling leaves food-testing labs without a plan p.15

Scientists struggle to detect the unauthorized sale of gene-edited crops whose altered DNA can mimic natural mutations.

doi: 10.1038/d41586-019-02162-x

エボラウイルスの研究者たちが、国内の戦闘が続くコンゴ民主共和国で、治療法の大規模臨床試験を。

Science under fire: Ebola researchers fight to test drugs and vaccines in a war zone p.16

Violence in the Democratic Republic of the Congo has interrupted clinical trials and forced scientists to change how they immunize people.

doi: 10.1038/d41586-019-02258-4

国連の食糧農業機関(FAO)と国際獣疫事務局(OIE)が、撲滅された家畜の感染症「牛疫」の残存試料の破棄を、世界の研究機関に再度要請へ。

Sequence and destroy: the quest to eliminate the last stocks of deadly rinderpest virus p.18

Labs are being encouraged to sequence their remaining samples of the devastating livestock virus — and then get rid of them for good.

doi: 10.1038/d41586-019-02098-2

News Features

医学研究:革命への第一歩

How a revolutionary technique got people with spinal-cord injuries back on their feet p.20

電気刺激によって歩行が可能になったという驚異的な研究は、脊髄損傷患者に大きな希望をもたらしたが、現在、研究の実用化という挑戦が繰り広げられている。

doi: 10.1038/d41586-019-02306-z

News & Views

生理学:脳の基底部での排出

Lymphatic vessels at the base of the mouse brain provide direct drainage to the periphery p.34

今回、マウスの脳の基底部を包むリンパ管群が、脳から末梢リンパ系へ脳脊髄液を排出するとともに、この機能は加齢に伴って低下することが示された。

doi: 10.1038/d41586-019-02166-7

気候科学:エアロゾルに対してあまり敏感でない雲水

Weak sensitivity of cloud water to aerosols p.35

人間の活動は、エアロゾルと呼ばれる浮遊微小粒子を生み出す。こうしたエアロゾルの、低層雲の雲水量に対する平均的な影響はわずかであるという今回の発見は、将来の気候のより信頼できるモデルにつながる。

doi: 10.1038/d41586-019-02287-z

医学研究:差し迫った臓器障害を見つける深層学習

Deep learning detects impending organ injury in the clinic p.36

臓器障害は、発見が遅れることが多く、その際には治療法の選択肢が限られている。今回、人工知能を用いて患者の医療データを継続的に監視することによって、腎障害が切迫しているリスクがある患者を特定できることが示された。

doi: 10.1038/d41586-019-02308-x

材料科学:空間と時間におけるバイオプリンティング

Getting the measure of living biomaterials p.38

3Dプリンターを使って生体繊維から組織を作り、次にそれを予測可能な形状変化を通してより成熟した形態に変えることは、組織工学の目標の1つである。今回、単一の生体繊維の研究によって、この方法の基礎が得られた。

doi: 10.1038/d41586-019-02263-7

感染症:ヒトスジシマカに立ち向かう試み

Tiger mosquitoes tackled in a trial p.39

今回、病原性ウイルスを媒介する極めて侵略的な種であるヒトスジシマカを抑制する新たな方法を用いて、この昆虫が中国の2か所の実験場からほぼ根絶された。

doi: 10.1038/d41586-019-02000-0

物性物理学:魔法ねじれによる分光

Spectroscopy of graphene with a magic twist p.40

2枚のグラフェンシートを、特定の角度だけずらして積層すると、高温超伝導体に似た魅力的な特性が現れる。今回、分光法によってこの振る舞いに関する知見が得られた。

doi: 10.1038/d41586-019-02285-1

Review

神経科学:記憶の編集はSFから臨床実務へ

Memory editing from science fiction to clinical practice p.43

doi: 10.1038/s41586-019-1433-7

Articles

気候科学:人為起源のエアロゾルに対する平均雲水量の弱い応答

Weak average liquid-cloud-water response to anthropogenic aerosols p.51

doi: 10.1038/s41586-019-1423-9

感染症:不和合虫放飼法と不妊虫放飼法の組み合わせによる蚊の除去

Incompatible and sterile insect techniques combined eliminate mosquitoes p.56

doi: 10.1038/s41586-019-1407-9

生理学:頭蓋底部の髄膜リンパ管が脳脊髄液を排出する

Meningeal lymphatic vessels at the skull base drain cerebrospinal fluid p.62

doi: 10.1038/s41586-019-1419-5

がん:小児期の小脳腫瘍は保存された胎児期の転写プログラムを反映している

Childhood cerebellar tumours mirror conserved fetal transcriptional programs p.67

doi: 10.1038/s41586-019-1158-7

がん:単一細胞ゲノミクスによる髄芽腫の細胞構造の解明

Resolving medulloblastoma cellular architecture by single-cell genomics p.74

doi: 10.1038/s41586-019-1434-6

構造生物学:ニューロテンシン受容体1–Gi1複合体のコンホメーション遷移

Conformational transitions of a neurotensin receptor 1–Gi1 complex p.80

doi: 10.1038/s41586-019-1337-6

Letters

量子物理学:単一イオンの機械振動子の量子増強検出

Quantum-enhanced sensing of a single-ion mechanical oscillator p.86

doi: 10.1038/s41586-019-1421-y

光物理学:分数量子ホール領域の非線形光学

Nonlinear optics in the fractional quantum Hall regime p.91

doi: 10.1038/s41586-019-1356-3

物性物理学:ねじれ2層グラフェンにおける魔法角での電子相互作用の最大化

Maximized electron interactions at the magic angle in twisted bilayer graphene p.95

doi: 10.1038/s41586-019-1431-9

物性物理学:魔法角ねじれ2層グラフェンにおける多体相関の分光学的特徴

Spectroscopic signatures of many-body correlations in magic-angle twisted bilayer graphene p.101

doi: 10.1038/s41586-019-1422-x

電子デバイス:ハイブリッド型Tianjicチップ・アーキテクチャーを用いた汎用人工知能に向けて

Towards artificial general intelligence with hybrid Tianjic chip architecture p.106

doi: 10.1038/s41586-019-1424-8

人類学:アウストラロピテクス・アフリカヌスの歯の微量元素の特徴から明らかになった、季節的な食餌のストレス

Elemental signatures of Australopithecus africanus teeth reveal seasonal dietary stress p.112

doi: 10.1038/s41586-019-1370-5

医学研究:将来的な急性腎障害を継続的に予測する臨床適用可能な手法

A clinically applicable approach to continuous prediction of future acute kidney injury p.116

doi: 10.1038/s41586-019-1390-1

発生生物学:心臓形成の単一細胞解析から器官レベルの発生異常の基盤が明らかになる

Single-cell analysis of cardiogenesis reveals basis for organ-level developmental defects p.120

doi: 10.1038/s41586-019-1414-x

遺伝学:筋ジストロフィーでの修飾遺伝子の発現上昇による、変異とは無関係の治療法

A mutation-independent approach for muscular dystrophy via upregulation of a modifier gene p.125

doi: 10.1038/s41586-019-1430-x

植物科学:カルモジュリン依存性カルシウムチャネルは病原体パターンと植物免疫を結び付ける

A calmodulin-gated calcium channel links pathogen patterns to plant immunity p.131

doi: 10.1038/s41586-019-1413-y

分子生物物理学:ゲノムプロセシング酵素の回転をDNA折り紙で作った回転子を使って追跡する

Rotation tracking of genome-processing enzymes using DNA origami rotors p.136

doi: 10.1038/s41586-019-1397-7

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度