目次

Editorials

生物医学のさまざまな発見を応用に結びつけることは極めて重要であり、トランスレーショナル・リサーチのインフラ整備が必要だ。

To thwart disease, apply now p.823

doi: 10.1038/453823a

生物の「尊厳」のような解釈次第の概念を基盤とするスイスの生命倫理法は、科学研究を危うくするものだ。

p.824

doi: 10.1038/453824b

国際熱核融合実験炉(ITER)の建設費が今後どの程度増えるのか、厳しく現実的な見直しをするべきときが来ている。

p.824

doi: 10.1038/453824a

News

米国の幹細胞研究者から、未受精卵提供者への金銭的補償を解禁するよう求める声が。

p.828

doi: 10.1038/453828a

ITERの建設費がこれまでの見通しよりも最大で30%膨らみ、最長3年遅れる可能性があるとの報告が。

p.829

doi: 10.1038/453829a

トランスレーショナル・リサーチ SPECIAL REPORT この30年間、大学での研究成果を応用に結びつける技術移転に力が入れられているが、道は険しい。

p.830

doi: 10.1038/453830a

スイスの研究機関が、マカクザルを使った脳研究の禁止という下級審の判断の撤回を求めて、最高裁へ。

p.833

doi: 10.1038/453833a

あらゆる光子を吸収する、完全な「黒」に近いメタマテリアルの実現が間近に。

p.834

doi: 10.1038/453834a

米国立衛生研究所(NIH)が、批判に応えてピアレビューシステムの見直しを。

p.835

doi: 10.1038/453835a

News Features

トランスレーショナル・リサーチ:コミュニケーションを密に

p.839

生物医学は黄金時代を迎えているが、基礎と応用の足並みには差があり、その解決に役立つトランスレーショナル・リサーチが注目されている。

doi: 10.1038/453839a

トランスレーショナル・リサーチ:死の谷に橋

p.840

生物医学研究者とその研究成果を必要とする患者の間には溝があるが、NIHをこれを埋めることができるだろうか。

doi: 10.1038/453840a

トランスレーショナル・リサーチ:ぐるりと一周

p.843

実験台から臨床へも大事だが、逆の方向にも学ぶべきことは多い。

doi: 10.1038/453843a

トランスレーショナル・リサーチ:病歴

p.846

米国ルートヴィッヒがん研究所(LICR)は、トランスレーショナル・リサーチに着目し、独特な方法を試みている。

doi: 10.1038/453846a

News & Views

生化学:分子ステルス装置

p.861

プロテアーゼ活性をもつ酵素は、他のタンパク質を断片化するが、その中には阻害剤によって作用が止められるものもある。そうした阻害剤の1つは、酵素でなく基質に結合するが、これから創薬の新しい手法が考えられそうだ。

doi: 10.1038/453861a

物理化学:冷やしてごらん

Cool it, baby p.862

長らくその存在が探されてきた、極めて短寿命の分子が初めて合成され、その性質が同定された。この化合物は、低温で量子トンネリングと呼ばれる変わったやり方で変化する。

doi: 10.1038/453862a

動物行動:守り手になる毛虫

p.863

蛾の幼虫に卵を産み付けるスズメバチの一種についての研究から、破滅的行動の珍しい例が明らかになった。卵を産み付けられた毛虫は、蜂のさなぎを守らせられるのである。

doi: 10.1038/453863a

ハンチントン病:遺伝学の手を借りる

p.863

サルを使ったハンチントン病モデルが、遺伝子導入により作出された。この試みはまだ進行途中だが、モデル作出の成功は、この重篤な疾患の解明に大いに期待できる成果である。

doi: 10.1038/nature06365

核物理学:ニュートリノの揺らぎ?

p.864

崩壊が指数曲線の形通りに進行すると考えられた2つの放射性同位体について、崩壊曲線に周期的な振動が観察されている。全く謎としかいえないこの現象については、提案された原因の方も同じくらい風変わりなものだ。

doi: 10.1038/453864a

物性物理学:無秩序性のために固まる量子

p.866

無秩序な媒体中では、量子粒子は軌跡中で文字通り停止してしまうことがある。この局在現象は、レーザートラップ中に捕捉された、知られている中で最も低温な物質形態として直接観察できる。

doi: 10.1038/453866a

追悼:Willis E Lamb Jr氏(1913-2008)

p.867

どんな細かいこともないがしろにしなかった物理学研究者で、ラムシフトを発見したLamb氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/453867a

Articles

脳:報酬刺激に対するヌクレオソーム応答性はホスファターゼ・カスケードにより制御される

A phosphatase cascade by which rewarding stimuli control nucleosomal response p.879

doi: 10.1038/nature06994

生理:DegPのプロテアーゼおよびシャペロン機能調節の構造的基盤

Structural basis for the regulated protease and chaperone function of DegP p.885

doi: 10.1038/nature07004

Letters

物理:制御された無秩序性における物質波のアンダーソン局在の直接観測

Direct observation of Anderson localization of matter waves in a controlled disorder p.891

doi: 10.1038/nature07000

物理:相互作用しないボーズ-アインシュタイン凝縮体のアンダーソン局在

Anderson localization of a non-interacting Bose-Einstein condensate p.895

doi: 10.1038/nature07071

物性:鉄を含む層状LaO1-xFxFeAs系における超伝導に近い磁気秩序

Magnetic order close to superconductivity in the iron-based layered LaO1-xFxFeAs systems p.899

doi: 10.1038/nature07057

物性:非常な高磁場でのLaFeAsO0.89F0.11における2バンド超伝導

Two-band superconductivity in LaFeAsO0.89F0.11 at very high magnetic fields p.903

doi: 10.1038/nature07058

化学:ヒドロキシメチレンの捕捉とトンネリングによる迅速な消失

Capture of hydroxymethylene and its fast disappearance through tunnelling p.906

doi: 10.1038/nature07010

地球:ブッシュフェルトマグマと同時期のダイヤモンドにみられる大陸マントルの特徴

Continental mantle signature of Bushveld magmas and coeval diamonds p.910

doi: 10.1038/nature07073

生態:超音波でコミュニケーションするカエルの雄は求愛時の雌の鳴き声に対して高精度の走音性を示す

Ultrasonic frogs show hyperacute phonotaxis to female courtship calls p.914

doi: 10.1038/nature06719

心理:リスクを負う行動に対する確実性の相反する影響と知覚精度

Perceptual accuracy and conflicting effects of certainty on risk-taking behaviour p.917

doi: 10.1038/nature06841

医学:非ヒト霊長類を用いたハンチントン病トランスジェニックモデルの開発

Towards a transgenic model of Huntington’s disease in a non-human primate p.921

doi: 10.1038/nature06975

医学:基質を標的とするγ-セクレターゼモジュレーター

Substrate-targeting γ-secretase modulators p.925

doi: 10.1038/nature07055

細胞:性決定には、Sox9特異的エンハンサーに対するSRYとSF1の相乗作用がかかわっている

Sex determination involves synergistic action of SRY and SF1 on a specific Sox9 enhancer p.930

doi: 10.1038/nature06944

細胞:Src、Sykファミリーキナーゼシグナル伝達により仲介されるDraper依存性のグリア細胞の貪食能

Draper-dependent glial phagocytic activity is mediated by Src and Syk family kinase signaling p.935

doi: 10.1038/nature06901

画像化:過分極13C標識炭酸水素イオンを使ったin vivo pHの磁気共鳴画像化

Magnetic resonance imaging of pH in vivo using hyperpolarized 13C-labelled bicarbonate p.940

doi: 10.1038/nature07017

細胞:CDK振動子とネットワーク振動子の組み合わせによる、細胞周期に合わせた転写の全体的制御

Global control of cell-cycle transcription by coupled CDK and network oscillators p.944

doi: 10.1038/nature06955

細胞:核ラミナの相互作用のマッピングから明らかになったヒト染色体のドメイン構成

Domain organization of human chromosomes revealed by mapping of nuclear lamina interactions p.948

doi: 10.1038/nature06947

Review Article

神経科学:fMRIで何ができ、何ができないか

What we can do and what we cannot do with fMRI p.869

doi: 10.1038/nature06976

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度