Nature Machine Intelligence

2019年1月創刊!

2019年に創刊されたNature Machine Intelligence は、変化のめざましい人工知能(AI)や機械学習、ロボット工学の分野における原著論文や総説を掲載するオンライン限定ジャーナルです。

図書館への法人向けサイトライセンス購読のご推薦

2019年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Machine Intelligence 創刊号のコンテンツを期間限定無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

ニューロモーフィック嗅覚回路における迅速なオンライン学習とロバストな想起

Rapid online learning and robust recall in a neuromorphic olfactory circuit

掲載

脳の回路レベルの構造に関する知識をニューロモーフィックな人工システムに組み込むことは、困難だが魅力的な研究課題である。著者らは、哺乳類の嗅球の構造に基づき、IntelのLoihiニューロモーフィックチップ上に実装された、匂い物質シグナルの学習およびノイズ下でのロバストな同定を行うニューラルアルゴリズムを示す。

データ駆動型機械学習を利用した電池の充電状態と健全さの予測

Predicting the state of charge and health of batteries using data-driven machine learning

掲載

電池の充電状態や残存寿命などの特性を予測することは、電池の製造法の改良、利用およびエネルギー貯蔵の最適化にとって重要である。著者らは、機械学習の手法とハイスループット実験がいかにしてこの問題へのデータ駆動型アプローチを提供するかを論じ、電池の状態を高速かつ正確に予測するモデルの構築の難しさを強調する。

その他の「最新Research」

Nature Machine Intelligence注目のハイライト

その他のハイライト

おすすめのコンテンツ

ネットワークベースのフレームワークを用いた自由記述式アンケート回答の民主的な分類

Democratic classification of free-format survey responses with a network-based framework

Nature Machine Intelligence

掲載

Nature Machine Intelligence 1, 7 | doi: 10.1038/s42256-019-0071-y (2012)

その他の「おすすめのコンテンツ」

コレクション

顕微鏡におけるディープラーニング

2019年12月

Nature Methods 2019年12月号の特集では顕微鏡におけるディープラーニングにフォーカスしている。このウェブコレクションではNature ジャーナル内で特集した関連コンテンツをその技術的な進展をたたえるべく特集として取り上げている…

人工知能の学際性

2018年9月

人工知能は、コンピューター科学、ロボット工学、認知科学を、科学、産業、社会の多くの領域における革新的な応用へとつなげる、極めて学際性の高い活発な分野である。人工知能の研究は今日、人間および物理的世界と安全に相互作用する、適用範囲の広いAIシステムを開発することを目指している…

その他の「コレクション」

Nature Machine Intelligence ブログ

マシン・インテリジェンスのための学際的フォーラム

今回創刊するNature Machine Intelligence は、研究コミュニティーがこうしたテーマについて討論するためのフォーラムとして、人工知能とロボット工学に関する幅広いトピックを探ります。刊行の目的は、この分野をさまざまな科学分野と結びつけ、近年の進歩が、科学、社会、産業にとって何を意味するかを論じることにあります。

このブログは、Nature Machine Intelligence の編集長Liesbeth Venemaと、シニアエディターTrenton Jerdeによって書かれました。

プライバシーマーク制度