Nature Ecology & Evolution

生態学と進化の研究コミュニティーのための Nature 関連誌として、オンライン限定ジャーナルNature Ecology & Evolution を2017年1月に創刊しました。

Nature Ecology & Evolution は、生態学および進化生物学の全領域に目を向け、分子、生物個体、集団、群集および生態系のレベルでの研究に加えて、社会科学の関連領域も対象とします。Nature Ecology & Evolution は、生物の多様性のあらゆる側面に関心のある全ての研究者と政策立案者がともに、この分野の最も優れた重要な進歩について知り、また、関連する時事問題を議論するための場を提供します。オンライン限定の月刊ジャーナルではありますが、Nature Ecology & Evolution の対象範囲は広く、掲載論文はきわめて幅広い領域の科学者の目に触れることになります。

すべての Nature 関連誌と同様にNature Ecology & Evolution も、専門のエディターからなる専任チーム、公正かつ厳格な査読プロセス、高水準の原稿整理と制作、迅速な出版、編集の独立性を特徴としています。

最新Research

捕食者と被食者の移動の結び付き

Migratory coupling between predators and prey

掲載

移動性の動物種は定住性の捕食者の獲物になる場合が多い。この総説論文では、被食者が引き起こす捕食者の大規模移動の程度を再考察し、移動の結び付きの生態学的な影響を概説している。

風力発電所は栄養段階を越えて生態系に連鎖的な影響を及ぼす

Wind farms have cascading impacts on ecosystems across trophic levels

掲載

インドの西ガーツ山脈では、風力発電所の存在が捕食性鳥類の個体数や活動性を減少させており、それに伴って被食者であるトカゲの密度が上昇し、トカゲの行動や生理的状態が変化するという影響が生じていることが分かった。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

サメのゲノムが挑む、進化と自然の謎

工樂 樹洋氏

軟骨魚類板䚡(ばんさい)類のサメ類は、その名の通り、硬い骨を持たない。ヒトの属する硬骨脊椎動物の祖先とは、4億5000万年前に分岐した。日本近海には、映画で有名なホホジロザメ、巨大なジンベエザメ、ダイバーに人気のシュモクザメをはじめ、約150種が生息している。このほど、理化学研究所生命機能科学研究センター分子配列比較解析ユニットの工樂樹洋ユニットリーダーらを中心とする、沖縄美ら海水族館、海遊館、大阪市立大学、東京大学の共同研究チームが、ジンベエザメ、トラザメ、イヌザメの全ゲノムを解析し、脊椎動物の進化やサメの生態についてさまざまな知見を得た。成果は、Nature Ecology & Evolution 11月号に発表された。

後肢発生研究で見えてきた、胴の長さの進化

黒岩 厚氏、鈴木 孝幸氏

地球上には、さまざまな胴の長さの脊椎動物がいる。最も短いものの代表例はカエルで、背骨の数は8つほど。最長はニシキヘビ(ヘビ亜目)などで、背骨は200以上あるという。名古屋大学大学院理学研究科の鈴木孝幸講師、黒岩厚教授らは、長年、後ろ足がいつ、どこに、どのような遺伝子の働きで作られるかを調べてきた。このほど、後ろ足を含む体の後方部分の構造を作る場所が、ただ1つの遺伝子で決定されることを突き止め、この遺伝子の発現タイミングが、後ろ足の位置、つまり胴の長さの多様性を生み出していることを見いだした。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Ecology & Evolution に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Ecology & Evolution では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Ecology & Evolution に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度