Nature Ecology & Evolution

生態学と進化の研究コミュニティーのための Nature 関連誌として、オンライン限定ジャーナルNature Ecology & Evolution を2017年1月に創刊しました。

Nature Ecology & Evolution は、生態学および進化生物学の全領域に目を向け、分子、生物個体、集団、群集および生態系のレベルでの研究に加えて、社会科学の関連領域も対象とします。Nature Ecology & Evolution は、生物の多様性のあらゆる側面に関心のある全ての研究者と政策立案者がともに、この分野の最も優れた重要な進歩について知り、また、関連する時事問題を議論するための場を提供します。オンライン限定の月刊ジャーナルではありますが、Nature Ecology & Evolution の対象範囲は広く、掲載論文はきわめて幅広い領域の科学者の目に触れることになります。

すべての Nature 関連誌と同様にNature Ecology & Evolution も、専門のエディターからなる専任チーム、公正かつ厳格な査読プロセス、高水準の原稿整理と制作、迅速な出版、編集の独立性を特徴としています。

Now Live!

Nature Ecology & Evolution を2017年1月に創刊しました。創刊を記念して、2017年1月号を期間限定、無料公開中です。

最新Research

  • ウズムシSchmidtea mediterraneaではゲノムのヘテロ接合性が広く維持されている

    Widespread maintenance of genome heterozygosity in Schmidtea mediterranea

    掲載

    一般に近親交配は遺伝的多様性を低下させるが、ウズムシ類Schmidtea mediterraneaのゲノムは、10世代にわたる近親交配を経ても37.5%がヘテロ接合性を保持し、野生において低い組換え率で維持されている。

  • トルネーシアン期の四肢動物相の系統発生的・環境的状況

    Phylogenetic and environmental context of a Tournaisian tetrapod fauna

    掲載

    ローマーの空白は、初期の四肢動物が続々と上陸しつつあったのに化石がほとんど知られていない年代である。今回、スコットランドのある場所から出土した5つの新種(ステム群四肢類3種およびステム群両生類2種)が記載され、この年代の系統発生および環境を解明するための一助となった。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Ecology & Evolution に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Ecology & Evolution では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Ecology & Evolution に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度