Nature Ecology & Evolution

生態学と進化の研究コミュニティーのための Nature 関連誌として、オンライン限定ジャーナルNature Ecology & Evolution を2017年1月に創刊しました。

Nature Ecology & Evolution は、生態学および進化生物学の全領域に目を向け、分子、生物個体、集団、群集および生態系のレベルでの研究に加えて、社会科学の関連領域も対象とします。Nature Ecology & Evolution は、生物の多様性のあらゆる側面に関心のある全ての研究者と政策立案者がともに、この分野の最も優れた重要な進歩について知り、また、関連する時事問題を議論するための場を提供します。オンライン限定の月刊ジャーナルではありますが、Nature Ecology & Evolution の対象範囲は広く、掲載論文はきわめて幅広い領域の科学者の目に触れることになります。

すべての Nature 関連誌と同様にNature Ecology & Evolution も、専門のエディターからなる専任チーム、公正かつ厳格な査読プロセス、高水準の原稿整理と制作、迅速な出版、編集の独立性を特徴としています。

Now Live!

Nature Ecology & Evolution を2017年1月に創刊しました。創刊を記念して、2017年1月号を期間限定、無料公開中です。

最新Research

地球観測をハイスループットの生物多様性データと結び付ける

Connecting Earth observation to high-throughput biodiversity data

掲載

自動地球観測記録、ハイスループット塩基配列解読、および生態学的モデリングの最新の進歩を組み合わせて、生物多様性のさまざまな側面をほぼリアルタイムで捉える新しい手法を概説する。

生物多様性と生態系の多機能性との関係を見直す

Revisiting the biodiversity–ecosystem multifunctionality relationship

掲載

生物多様性と生態系機能の関係は、どれだけ多くの機能を考慮しようとも不変である。生物多様性は多機能性のレベルに影響を及ぼし、そうした多機能性への影響は単一機能に及ぼす影響の平均に等しい。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

食虫植物の進化がゲノム解読から明らかに

長谷部 光泰氏、福島 健児氏

植物なのに、虫を捕らえ、食べる食虫植物。この不思議な生き物は、いったいどのように進化してきたのだろうか。このほど、自然科学研究機構基礎生物学研究所の長谷部光泰さんと米国コロラド大学の福島健児さんらは、食虫植物フクロユキノシタのゲノム配列を明らかにし、さらに捕らえた虫を分解する消化酵素の進化について解明して、Nature Ecology & Evolution 3月号に発表した。食虫植物の進化の謎解きに挑むお二人に聞いた。

多種生物種ネットワークを基に生態学と進化学をつなぐ

東樹 宏和氏

「地下の生態系は、科学におけるブラックボックスです」と語る、京都大学生態学研究センター准教授の東樹宏和さん。植物とその根に共生する真菌類の相互作用に着目し、地下生態系の全体像把握に挑んでいる。東樹さんがその先に見ているものは、森林の再生や農業生態系の設計だ。今回、多数の生物種で構成されるネットワーク構造を解析し、多種系の生態・進化動態の解明を目指す論文が、Nature Ecology & Evolution の2月号に掲載された。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Ecology & Evolution に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Ecology & Evolution では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Ecology & Evolution に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度