Nature Astronomy

天文学コミュニティーのための Nature 関連誌として、オンライン限定ジャーナルNature Astronomy を2017年1月に創刊しました。

Nature Astronomy は、天文学、宇宙物理学、惑星科学の最先端の重要な研究論文、レビュー論文、解説を掲載することにより主要な天文学関係領域を代表し、各領域間の緊密な相互作用を促す、真に学際的なジャーナルです。

Now Live!

Nature Astronomy を2017年1月に創刊しました。創刊を記念して、2017年1月号を期間限定、無料公開中です。

最新Research

  • 太陽におけるロスビー波の検出

    The detection of Rossby-like waves on the Sun

    掲載

    全球規模のロスビー波は惑星大気に現れ、その惑星の天気に影響を及ぼす。今回、磁場によって駆動される似たような波が太陽で明確に検出された。もしかするとこれを、太陽の活動とそれに関連する宇宙天気の予報に役立てることができるかもしれない。

  • 隕石中のバナジウムとベリリウムの同位体の変化を結びつけることによって定量化された初期太陽系の放射

    Early Solar System irradiation quantified by linked vanadium and beryllium isotope variations in meteorites

    掲載

    カルシウムとアルミニウムに富んだ包有物(CAI)は太陽系で最古の固体であり、この中のベリリウムとバナジウムの存在度から、太陽が若くてより活動的だったとき、短時間(300年間)かつ近距離(⋍0.1 au)でCAIが太陽フレアから段階的な放射を受けたことがわかる。

おすすめのコンテンツ

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

  • 月に届く地球の風

    寺田 健太郎氏、横田 勝一郎氏

    地球に一番近く、空を見上げればそこにある月。このなじみ深い天体を日本の探査機「かぐや」が調査したことは、よく知られている。このほど、地球の高層大気圏から流失したO+イオンが月にまで届いていることが、大阪大学・名古屋大学・JAXA(宇宙航空研究開発機構)の共同研究により突き止められ、 2017年創刊のNature Astronomy 2月号に発表された。検出されたO+は高いエネルギーを持ち、月表面の数十nmまで貫入することができる。このことは、太古から現在に至るまで、月が常に地球由来の物質にさらされてきたことを明らかにした初めての成果である。研究の中心となった、大阪大学大学院理学研究科の寺田健太郎さんとJAXA宇宙科学研究所の横田勝一郎さんにお話を伺った。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Astronomy に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Astronomy では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Astronomy に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度