Librarian Gateway

OAI-PMH

OAI-PMH

Open Archives Initiative(OAI)のメタデータハーベスティングプロトコル(PMH)を使用することで、ネットワーク化されたデジタルレポジトリの相互運用が可能なフレームワークが実現し、レポジトリが保有するメタデータレコードを交換することができます。このメタデータには通常、タイトルや著者、その他の識別情報の各レポジトリ項目が、出版目録形式で記述されます。

nature.com は、OAI-PMH をサポートしています。OAI-PMH サービスを経由することで、nature.com に掲載されるすべての記事のメタデータをご利用いただけます。

nature.com は、OAI-PMH プロトコルのバージョン2.0をサポートしています。

nature.com の OAI-PMH サービスへのユーザーフォームインターフェースは、以下からご利用下さい。(nature.com の OAI-PMH サービスに関する詳細もご確認頂けます。)
http://www.nature.com/oai

nature.com の OAI-PMH サービスのベース URL は、以下のとおりです。
http://www.nature.com/oai/request

上記ベース URL の後に情報を追加し、下記のようにご利用下さい。
http://www.nature.com/oai/request?verb=GetRecord&identifier=10.1038/nature01234&metadataPrefix=pam

あるいは、Nature Precedings でも別の OAI-PMH サービスをご利用いただけます。Nature Precedings の OAI-PMH サービスのベース URL は、以下のとおりです。
http://precedings.nature.com/oai2

上記の OAI-PMH に関するサービスは、ともに OAI に認証され、Registered Data Providersのリストに含まれています。

nature.com のすべての記事のメタデータは、Dublin Core(「oai_dc」)と PRISM Aggregator Message(「pam」)の両方の形式で利用できます。各メタデータ形式の詳細は、以下をご参照ください。
http://dublincore.org/
http://prismstandard.org/

Nature Precedings の OAI-PMH サービスでサポートしているのは Dublin Core のみですのでご注意ください。

nature.com の OAI-PMH サービス内では、nature.com に掲載される各ジャーナルが1つの「セット」として定義されます。

Nature Precedings の OAI-PMH サービス内では、Nature Precedings の各表題領域が1つの「セット」として定義されます。

nature.com の OAI-PMH サービスの日時の精度は、例えば「2001年1月1日」のように、1日単位に設定されています。

nature.com レポジトリ内の最も古いレコードは、「1869年11月4日」付けのものです。

nature.com の OAI-PMH サービスからの応答に順番は関係ありません。また、1結果セット当たりのレコード数は500です。追加のレコードは、resumption token を送信することで取り込むことができます。resumption token の寿命は24時間です。

応答の圧縮は、以下のような適切な HTTP の「Accept-Encoding」ヘッダを送信することによって操作できます。

Accept-Encoding:gzip;q=1.0, identity;q=0.5

サポートしている圧縮形式は「gzip」と「deflate」の2種類です。

全般的な情報は、以下の Open Archives Initiative のウェブサイトでご覧いただけます。
http://openarchives.org/

nature.com の OAI-PMH レポジトリインターフェースのご利用に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
(英語のみ)

「Public Interfaces」へ戻る

Site license administration account

プライバシーマーク制度