Nature Careers 特集記事

衣替え

2009年4月9日

Gene Russo
Naturejobs editor

Nature 458, 539 (25 March 2009) | doi:10.1038/nj7237-539a

Naturejobs、誌面を刷新。

来週発行のNaturejobs によって、セクションの更新が最後段階を迎え、キャリア志向の科学者の強い願望に十分に応えようというわれわれの新たな試みがスタートする。誌面の刷新も完了し、編集チームも全体的な外観やナビゲーションの容易性、タイムリーな情報の提供能力が向上することを期待している。

外観の微調整にとどまらず、より実質的な変更も加わる。例えば、新たな研究センターの立ち上げ、助成金を受けたプログラム、過去記事の更新情報などを伝える短い定期記事欄を設ける予定である。こうした短い記事でも、キャリア関連の長い記事と並んで、科学者に影響のある最新の出来事を読者に伝えるべく努力する。

Prospectsでもその都度相応しいゲスト寄稿者に解説を依頼し、学会、政府、民間の各部門の多種多様な見解を共有できるようにする。MoversはCareer Q&Aという形で心機一転を図るが、基本的な意図は変わらない。つまり、求職者や将来科学職に就くことを考えている人に情報提供ができるような形で科学のプロのキャリアアークを追跡することである。ただ、Career Q&Aは格式張ったものにせず、より魅力的で有益なものにしたいと考えている。

また、雇用や高等教育の動向について説明する図表データも多く盛り込むことにしている。図表を使うと、関心の高まりを明確につかめる場合がある。ポスドクの給与に変動があるのかどうか、キャリアの行く末はどうなのかなど、身近な問題を浮き彫りにできる可能性もある。Featuresでは引き続き、地域で人気の就職先からさまざまな研究分野における雇用情勢まで、幅広いトピックを扱っていく。Postdoc Journalの記者も、それぞれの分野での抱負や経験を紹介していく。

以上の変更は、昨年末に実施したウェブサイトの刷新に続くものである。就職活動のみならず、記事へのアクセスもスムーズにできるよう、ウェブサイトを刷新した。いつものように、記事に関する提案だけでなく、フィードバックも歓迎する。良い点、悪い点、欠けている点、どうしたら改善できるかなど、意見を寄せてほしい。

「特集記事」一覧へ戻る

プライバシーマーク制度