Press release

ネイチャー・パブリッシング・グループ、2012年から Genetics in Medicine を発行

2011年4月10日

ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)は本日、American College of Medical Genetics (ACMG) と出版提携を結び、2012年1月から Genetics in Medicine の発行を開始することを発表しました。

Genetics in Medicine は、米国最大の遺伝医学者の学会であるACMGの公式ジャーナルで、遺伝医学の知識と実践の向上を使命としています。本誌は、査読付きの月刊ジャーナル で、現代遺伝医学の原著研究論文を掲載し、その対象範囲には、ゲノミクス、染色体異常、代謝疾患、次世代塩基配列決定技術の臨床応用、単一遺伝子疾患、遺 伝学と法律、そして全レベルのヒト遺伝医学教育といった分野が含まれています。

Genetics in Medicine(1998年創刊)はインパクトファクターが3.922で、2009年版 Journal Citation Report(ト ムソン・ロイターズ社、2010年)では、遺伝学(Genetics and Heredity)分野の146誌中37位にランクされています。専門家によって構成される編集委員会を率いるのは、本誌の編集長(Editor-in- Chief)で、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のブライソン人類遺伝学講座ディレクターでもあるJames P Evans(MD、PhD、ACMGフェロー)です。

Evans博士は、今回の出版提携を大いに喜んでおり、次のように話しています。「ゲノム医療の時代が我々臨床医ひとりひとりに重くのしかかってきていますが、NPGとの提携によって、Genetics in Medicine を次のレベルに進めることができます。本誌は、過去20年以上にわたって、遺伝医学のコミュニティーにとって貴重な情報源となってきましたが、私たちは、 NPGとの提携を通じて得られる革新的な方法によって、本誌の重要性を一般臨床のコミュニティーにも広めていくことをめざします。とりわけ、次世代シーケ ンシング技術が医療のあらゆる領域で用いられ、遺伝医学以外の分野の実務家が患者ケアやさらに広範な公衆衛生の分野に新しいゲノム技術を利用していること を考えれば、我々の目標は特に大事なことだと思います」。

NPGのパブリッシャーKathleen Lyonsは、次のようなコメントを寄せています。「ACMGが、NPGによる発行を選んだことをうれしく思っています。NPGの遺伝学関連のジャーナルが基礎研究に重きを置いているのに対して、Genetics in Medicine は、臨床面にウェイトを置いているので、NPGの既存のジャーナルをうまく補完できると思います。また、編集スタッフとの共同作業は楽しみですし、NPGの専門知識や強みを活用して、Genetics in Medicine の認知度と影響力を高めていきたいと思っています」。

Genetics in Medicine のサイトライセンスと個人定期購読は、2012年1月からNPGで取り扱いが始まり、ジャーナル本体とアーカイブは、nature.comで利用できるよ うになります。ACMGの会員特典には、本誌の印刷版とオンライン版の個人定期購読が含まれます。また、本誌では、2012年1月からオープンアクセスで の論文出版を選択できるようになりますが、その際にはArticle Processing Charge(APC)が発生します。

熱い思いを抱くEvans博士と同じく今回の提携に熱心なのが、ACMG会長で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の 臨床遺伝医学専門医でもあるWayne W Grody(MD、PhD、ACMGフェロー)です。Grody博士は、次のように語っています。「ワトソンとクリックのDNAの二重らせん構造に関する 原著論文が掲載された Nature の発行元であり、現代遺伝学の最新のブレークスルーを掲載し続ける一流の出版社が我々のジャーナルを発行することになり、私は、感動を覚え、心が浮き立っ ています。とりわけ、分子遺伝学の基礎研究が一巡し、全ゲノム解析の登場とともに臨床現場に導入されようとする時に今回の提携が実現したわけであり、これ 以上に適切でタイムリーなことはないと思います」。

NPGは、2011年を通じて、現在の発行会社Wolters Kluwer Health / Lippincott Williams & WilkinsとGenetics in Medicine の移行作業を進め、TRANSFER規則を完全遵守します。

Links:
American College of Medical Genetics
Genetics in Medicine

American College of Medical Genetics(ACMG)について
1991年に設立されたAmerican College of Medical Genetics(www.acmg.net)は、1400人以上の生化学遺伝学、臨床遺伝学、細胞遺伝学、遺伝医学、分子遺伝学の研究者や遺伝学カウン セラー、そのほか遺伝医学の実践を専門とする医療専門家のために教育と資源を提供し、その意見を表明することによって、遺伝医学の実践を促進することを目 的としています。ACMGの活動としては、研究と実践に関する基準やガイドラインの策定、医療や公衆衛生における質の高い遺伝学関連サービスの推進、遺伝 病の診断法、治療法、予防法の開発促進などがあります。Genetics in Medicine は、月1回発行されるACMGの査読付き公式ジャーナルです。ACMGのウェブサイト(www.acmg.net) では、Policy Statements、Practice Guidelines、Educational Resources、Medical Geneticist Locatorといった多彩な情報リソースが提供されています。American College of Medical Geneticsの教育プログラムと公衆衛生プログラムは、企業、財団、個人からの寄付金によって運営されています。American College of Medical Genetics Foundation(www.acmgfoundation.org) は、米国の内国歳入法第501条(c)号第3項に定められた非営利団体で、遺伝学研究の成果を健康増進に活用するためのACMGの多彩な活動に資金を提供 することを目的としています。American College of Medical Genetics Foundationは、Better Health Through GeneticsTM をテーマとしています。

NPGとNPG ネイチャー アジア・パシフィックについて
ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)は、インパクトの高い科学・医学情報を印刷版と電子版で提供する出版社で、生命科学、物理科学、化学、応用科学と臨床医学にわたって、ジャーナル誌の発行、オンライン・データベースや各種サービスの提供を行っています。

Nature(1869年創刊)は、トップクラスの国際的科学ジャーナル誌(週刊)で、科学者のニーズ に集中的に取り組んでいます。NPGは、この読者層に向けて、各種Natureリサーチ誌やNature Reviewsシリーズのジャーナル誌、そしてさまざまな著名学術誌(学会機関誌を含む)を発行しています。さらに インターネット上では、nature.comで、月間500万人以上の利用者が、NPGの刊行物やオンライン・データベースや各種サービスにアクセスして います。たとえば、Nature NewsNatureJobsNature NetworkNature Education のScitable.comへのアクセスがあります。

Scientific American は、NPGが新設した消費者メディア事業部門の中心となり、一般市民のニーズに応えています。1845年に創刊された Scientific American は、米国で継続的に発行されている雑誌としては最も歴史が長く、一般読者向けメディアにおいて権威のある一流の科学刊行物です。全世界16か国語で発行さ れており、scientificamerican.comと合わせて、300万人以上の消費者と科学者に読まれています。このほかに Scientific American MindSpektrum der Wissenschaft(ドイツ)も発行しています。

NPGは、全事業を通じて、科学コミュニティーと医学コミュニティー、そして科学に関心をもつ方々に力を尽くしていま す。NPGは、Macmillan Publishers Limitedの一翼を担うグローバル企業で、ロンドン、ニューヨーク、東京に主たる事業所を置き、このほかにも、ボストン、ブエノスアイレス、デリー、 香港、マドリード、バルセロナ、ミュンヘン、ハイデルベルク、ベージングストーク(英国)、メルボルン、パリ、サンフランシスコ、ソウル、ワシントンDC など全世界の都市に支社・事業所があります。詳しい情報は、www.nature.comをご覧ください。

※本プレスリリースの原本は英語であり、日本語は参考翻訳です。
英語プレスリリース

プライバシーマーク制度