RESEARCH ABSTRACT

キアリⅠ型奇形を伴うデント病2型におけるヒトOCRLパラログの2遺伝子性変異ブックマーク

Digenic mutations of human OCRL paralogs in Dent’s disease type 2 associated with Chiari I malformation

2016年12月8日 Human Genome Variation 3, Article number:16042 (2016) doi:10.1038/hgv.2016.42

デント病:まれな症状に関連する2つの遺伝子変異

キアリⅠ型奇形を伴うデント病2型におけるヒト<i>OCRL</i>パラログの2遺伝子性変異
拡大する

まれな先天性腎疾患であるデント病の新規な病型の原因となる2つの遺伝子の変異が、DNA塩基配列決定により同定された。エール大学脳神経外科(コネチカット州ニューヘイブン)のKristopher T. Kahleらの研究グループとメイヨー・クリニックの共同研究者らは、腎症状と中枢神経系の異常をもつ11歳の少年を評価して治療した。デント病2型の臨床診断は、X染色体上に位置する既知の疾患原因遺伝子OCRL1に新規変異が同定されたことにより分子レベルで確認された。神経学的異常の存在は、別の遺伝学的異常の合併を疑わせた。少年のゲノムのタンパク質コード領域すべての塩基配列決定により、OCRL1と類似の機能をもつ1番染色体上のINPP5B遺伝子に変異が同定された。これらの変異の共存により、少年の非定型的なデント病と、それに伴う中枢神経系所見を説明することが可能である。

Dent’s disease: Two gene mutations linked to unusual symptoms
DNA sequencing identified mutations in two genes that cause a novel variation of Dent’s disease, a rare congenital kidney disorder. Kristopher T. Kahle and his team at Yale’s Department of Neurosurgery in New Haven, Connecticut, and colleagues from the Mayo Clinic evaluated and treated an 11-year-old boy with kidney problems and central nervous system abnormalities. Clinical diagnosis of type 2 Dent’s disease was molecularly confirmed by identifying a novel mutation in the known disease-causing OCRL1gene on the X chromosome. The presence of neurological alterations led them to suspect the presence of further genetic alterations. Sequencing the entire protein-coding portion of the boy’s genome revealed a mutation in INPP5B, a gene on chromosome 1 with similar function to OCRL1. This mutational combination could explain the boy’s atypical Dent’s disease and associated central nervous system findings.

Human Genome Variation ISSN 2054-345X (online)

プライバシーマーク制度