RESEARCH ABSTRACT

BHLHA9の新規ホモ接合性ミスセンス変異がパキスタンの1家系において指骨減少を伴う軸中骨癒合性合指症を引き起こす

A novel homozygous missense mutation in BHLHA9 causes mesoaxial synostotic syndactyly with phalangeal reduction in a Pakistani family

2017年12月14日 Human Genome Variation 4, Article number:17054 (2017) doi:10.1038/hgv.2017.54

四肢変形: 胚発生における遺伝子の役割が変異により明らかになる

<i>BHLHA9</i>の新規ホモ接合性ミスセンス変異がパキスタンの1家系において指骨減少を伴う軸中骨癒合性合指症を引き起こす
拡大する

胚での四肢発生におけるBHLHA9遺伝子の果たす重要な役割についての理解が、新しく同定された変異により大きく深まった。指骨減少を伴う軸中骨癒合性合指症(MSSD)は希少な遺伝性疾患である。北京協和医学院(中国)のXue Zhangたちは、MSSDの典型的症状である手足の指の変形が見られるパキスタン系の5人の家系構成員に対して、ゲノム配列決定を行った。その結果を、5人の非罹患家系構成員、および民族性が一致する対照200人の遺伝子解析結果と比較した。すると、BHLHA9遺伝子にこれまで明らかになっていなかった変異が見つかり、その結果、1塩基の変化により異なるアミノ酸がコードされることが分かった。この知見から、MSSDを引き起こすBHLHA9の既知の変異の範囲が広がり、胚での四肢発生におけるこの遺伝子の重要性の理解が深まった。

Limb deformity: Mutation highlights gene's role in embryo development
A newly identified mutation enhances understanding of the vital role played by the BHLHA9 gene in embryonic limb development. Xue Zhang of China's Peking Union - Medical College and colleagues sequenced the genomes of five family members of Pakistani origin who had finger and toe deformities representative of a rare inherited condition called mesoaxial synostotic syndactyly with phalangeal reduction (MSSD). They compared their findings with gene analyses of five non-affected family members and 200 other ethnically matched controls. They found a previously unidentified mutation in the BHLHA9 gene in which a change in a single nucleotide leads to coding for a different amino acid. The finding expands the spectrum of known BHLHA9 mutations that cause MSSD, enhancing understanding of the vital role this gene plays in embryonic limb development.

Human Genome Variation ISSN 2054-345X (online)

プライバシーマーク制度