Nature Photonics Technology Conference

2010年開催 Nature Photonics Technology Conference:太陽光発電の将来展望

Nature Photonics Technology Conference

私ども Nature Publishing Group(NPG)は、インプレスR&D の協力の下、近年、非常に注目されている太陽光発電にフォーカスしたイベント、「Nature Photonics Technology Conference」(第二回目)を開催することができますことを大変光栄に思います。

今回のイベントでは、導電性高分子の発見によって2000 年に白川英樹名誉教授と共にノーベル化学賞を受賞された Alan Heeger 教授を、基調講演者として迎えることができましたことをとても嬉しく存じます。現在、Heeger 教授は高分子太陽電池の開発を進めておられます。また、太陽光発電研究の第一人者である東京工業大学小長井誠教授が、日本の大学・研究機関や企業からの多くの著名で優れた研究者の方々の集う諮問委員会の委員長を務めてくださることもまた光栄とするものであります。

一般に多くみられるビジネス促進の場となる商業見本市や、専門家向けの高度な技術コンファレンスとは異なり、Nature Photonics Technology Conference は、非常に利用価値のある未来志向型の類まれなイベントです。世界が急速に代替・再生可能エネルギーの開発を必要としている今、このイベントは、科学者、業界経営陣、政治家やファンド関連団体などの多くの方々にとって、今後のチャレンジ、機会創出、トレンドなど、太陽光発電開発の進化を理解する上での有益な手がかりとなるでしょう。

最後に、ご多忙中にもかかわらずご参加いただき、心よりお礼申し上げますとともに、このコンファレンスが、今後のご活躍にお役に立てれば幸甚に存じます。

David Swinbanks

デビッド・スウィンバンクス

ネイチャー・パブリッシング・グループ
代表取締役

Oliver Graydon

オリバー・グレイドン

ネイチャー・パブリッシング・グループ
Nature Photonics 編集長

Makoto Konagai

小長井 誠

Nature Photonics Technology Conference 諮問委員会
委員長(東京工業大学教授)

会期 2010年10月19 日(火)/ 20日(水)/ 21日(木)
時間 コンファレンス 9:30-18:00 / 展示会 10:00-18:00
会場 TFT ホール (東京有明)
主催 ネイチャー・パブリッシング・グループ
共催 株式会社インプレスR&D(事務局)
後援 資源エネルギー庁
諮問委員会委員長 小長井 誠(東京工業大学教授)
プライバシーマーク制度