Communications Physics

2018年創刊!投稿募集中

Communications Physics は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、物理科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、物理学の特定の研究分野に新たな知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての物理学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッタージャーナルの最新情報をキャッチ!

最新Research
ナノ科学技術

Article: 再構成可能な人工スピンテクスチャーに基づくナノスケールスピン波回路

Nanoscale spin-wave circuits based on engineered reconfigurable spin-textures

掲載

マグノニクスは、情報処理向けの新技術として勢いを増している。著者たちは、時間分解走査型透過X線顕微鏡イメージングを使って、磁壁に基づくナノパターン化回路内部のスピン波伝搬を実験的に実証した。

Article: 量子ドットへの周期的な電子トンネリングを使った単一リザーバーの最初の温度測定

Primary thermometry of a single reservoir using cyclic electron tunneling to a quantum dot

掲載

局所温度の測定は、ナノスケールの量子熱力学の研究において重要である。著者たちは、ナノエレクトロニクスデバイスの局所温度の正確な測定に使うことができる、量子ドットと単一電子リザーバーの間の周期的電子トンネリングに基づくセンサを報告している。

その他の「最新Research」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Physics に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

メールマガジン登録

Communications Physics に関する最新情報をお届けします。

メールマガジン登録

プライバシーマーク制度