Nature Masterclasses

論文執筆&出版ワークショップ

優れた研究が優れた論文とは限らない!
Nature・Nature 関連誌の編集者が教える、研究者のための論文ワークショップ

論文の発表は、研究者にとってはキャリア・学術的評価の形成、機関にとっては認知度の向上において重要な役割を果たします。だからこそ、研究者は効果的な論文の執筆方法や出版プロセスを理解している必要があります。Nature Masterclasses は、Nature・Nature 関連誌の編集者が直接指導する、専門性の高い論文執筆ワークショップです。執筆ノウハウはもちろん、世界的なトップジャーナルの出版プロセスについて解説します。

対面式のワークショップとして 2011年に開始したNature Masterclasses は、高まるニーズに対応するため、現在オンライン・ワークショップ、ウェビナーという受講スタイルでもサービスをご提供しています。

お問い合わせ

  • サイエンス・ライティングのスキル向上
  • 編集プロセスに対する明確な理解
  • 一流誌に投稿するための自信をつける
  • 研究者の能力開発サポート
  • 機関の論文品質向上に貢献
  • 論文のレビューや指導や費やす内部的な負荷を削減

いずれか1つ、または組み合わせてご活用ください

Online Training

忙しい研究者に最適!オンラインだから自分のタイミングで受講できます。Nature・Nature 関連誌の編集者が、論文出版プロセスのすべてを教えます。

学習時間最大15時間、15モジュールで、執筆から出版までの全工程を網羅。

Nature・Nature 関連誌合わせて20以上のジャーナル編集者36人が指導にあたります。一流誌の編集部が論文のどこに注目するか、現場の声を聞くことができます。

キャリアや出版プロセスのどの段階にいるかなど、研究者それぞれの事情やニーズに合わせて受講内容を選ぶことができます。5分の空き時間でも受講できるのが、オンライン講座の魅力です。

ネイチャー・リサーチでは、オンライン講座をご利用いただいている機関の受講率向上のためさまざまななツールをご用意しています。

Workshops

Nature・Nature 関連誌の編集者が貴機関まで出向きます。実践的な双方向型ワークショップです。

定員:25人(要望に応じて100 人まで対応可能)

Nature またはNature 関連誌の現役編集者を含む、経験豊富なサイエンスエディター2人が講師を勤めます。

Nature・Nature 関連誌出版における実例をちりばめた興味深い レクチャーや実践、グループディスカッション、質疑応答など を交えながら行う双方向型のワークショップです。

スケジュールや内容、講師は、受講者の研究分野や出版経験に合わせてカスタマイズいたします。

09:15 Nature 論文の特徴 Nature 編集部での体験談: トップエディターは何を求めているか
10:00 実践1 エディターになってみよう!
10:30 図表の提示 データフォーマットの選択、ベストプラクティス、再現性の確保
11:15 実践2 データの提示
11:45 休憩
12:00 文体について 執筆・構成の黄金律
12:45 質疑応答
13:00 昼食
14:00 タイトルと要約 魅力的なタイトルについて、避けるべきこと、要約のテンプレート
14:45 実践3 要約・タイトルの検討(参加者より事前提出)
15:15 休憩
15:30 序論から結論まで 何を含めるか、よくある落とし穴、論理的なストーリー展開
16:00 編集プロセス・査読 投稿後の流れ、短期集中査読コース
16:45 まとめ・質疑応答

対面式ワークショップには以下が含まれます。

  • ワークブック
  • 受講証明書
  • 研究者のフィードバックレポート

Coming soon

Webinars

Nature・Nature 関連誌の編集者が講師を勤める、オンライン上で行われるワークショップです。

※日本でのサービス提供は近日中に予定しております。ご興味のある方はお問い合わせください。

定員:100人

Nature またはNature 関連誌の現役編集者を含む、経験豊富なサイエンスエディター2人が講師を勤めます。

参加者の経験共有や講師への積極的な質問を促すため、投票や質疑応答など双方向型のコミュニケーションで進行します。

編集者の視点で考える

トップジャーナルにおける編集判断

はじめての論文投稿

シナリオ仕立てで論文投稿のプロセスを解説

ウェビナーには以下が含まれます。

  • 参加促進ツール
  • ウェビナーの一時録音

お問い合わせ

プライバシーマーク制度